眼病予防!目の健康を守る予防医療と気軽な3つの対策

はじめに


「目が悪くなってきたからコンタクトレンズをつけよう」
「眼鏡の度をきつくすると視力が悪くなりそうだから、度数は変えずに過ごそう」
視力低下や目の病気へのケアとして、このような対処を対策だと思っていませんか。
適切な視力調整は、眼病や目の異常へのサポートとして重要ですが、目の健康を守るには事前の対策も必要になります。
今回は、目を守るためにできる「予防医療」について解説します。
予防医療の考え方を知ると、眼病の予防やQOLの向上へつなげることができるため、最後までぜひご覧ください。

予防医療とは


予防医療とは、病気や心身の異常を防ぐための取り組みを指します。
もともとは、生活習慣病を防ぐために生活を見直す必要があるとされ、注目を集めた医療です。
最近ではスマホやパソコンの使用頻度が増加し、目の疲れや視力低下をはじめとした眼病も生活習慣病の一種と言えます。
私たちは病気になったり不調を感じたりしてはじめて、

  • 病院へ行く
  • 薬を飲んでみる
  • リハビリをする

このような治療行為をする人が多いです。
日本の医療は、誰でも平等に質の良い治療を受けることができ、高額な治療費も制度を利用することで減額も可能なメリットがあります。
しかし、予防医療を行うことで以下のようなメリットも。

  • 高額な治療費を回避できる可能性がある
  • 病気や不調の苦しさを減らすことができる
  • 対症療法による後手の対処ではなく、事前の予防で健康を保つことができる

医療と言うと病気や不調の改善に注目しやすいですが、症状の悪化・進行を防ぐことや、病気にかからないための予防行為も同じくらいに大切です。
予防医療の意識を高めることで、病気や心身の異常に伴う不快感や負担を軽減することができます。

予防医療の3段階


予防医療には3段階の考え方があります。

  • 一次予防…健康の維持や病気や不調の予防
  • 二次予防…病気の早期発見・対応
  • 三次予防…病気の悪化や進行の防止、再発の防止

自分の生活にどんな予防を取り入れられるかを考えてみましょう。

①一次予防


一次予防は、病気になる前の健康な状態で行う予防です。
病気にならないように健康増進を目的とした行為を指します。

  • 生活習慣の見直しや改善(睡眠、食事、お酒、タバコなど)
  • ストレス発散
  • 十分な休養をとる
  • 運動を取り入れる
  • 手洗いうがい
  • マスクの着用
  • 予防接種 など

一次予防は日常生活に取り入れやすい特徴があります。

②二次予防


二次予防は、病気になった状態で行う予防で、病気の進行や二次障害を防ぐ目的があります。

  • 健康診断や各種検診を受ける
  • 人間ドックを受ける
  • 生活習慣の改善(二次障害の防止のため) など

病気に対する早期の応急処置も二次予防の意味があり、本格的な治療の負担を軽減する効果を期待できます。

③三次予防


三次予防は、病気が進行した状態で行う予防で、病気の重症化や再発を防止する目的があります。

  • リハビリ
  • 病気の回復のための処置や手術
  • 職場復帰、社会復帰 など

三次予防になると専門的な対応が必要となり、日常生活への取入れは難しくなります。

眼病を防ぐための対策


予防が大事と言っても、対症療法と違って具体的にどんな対応をすればいいか分からない人も多いはず。
そこで、今回は眼病を防ぐための具体的な対策について、主に一次・二次予防として紹介します。

画面を見る環境の見直し


スマホやパソコンは仕事や遊びに欠かせないツール。
画面を見る時間を減らすことが難しい場合は、環境を見直して目の負担を減らす対策が必要です。


どれも日常生活にプラスしやすい些細なことですが、眼病予防には大きな影響があります。
眼病になってしまえば、スマホゲームもリモートワークも出来なくなる可能性も。
今の環境を振り返り、できそうな対策を取り入れてみましょう。

眼病について知る


そもそも知らないことに対して予防することも、予防のモチベーションを維持することも難しいこと。
そこで、眼病の種類や症状、眼病になったらどうなるかを知ることが大切になります。
眼病の症状は、目がゴロゴロする疲労感や目が痛くなる充血から、白内障や緑内障などの病気で最悪の場合失明まで様々。
眼精疲労になれば目の違和感だけでなく、肩こりや首の痛みといった身体症状も見られます。
眼病になると常に不快感を抱きながら生活することになってしまいます。
ドライアイやものもらい、結膜炎(花粉症)も身近な眼病の1つです。
快適なネット生活を送るためにも、目の違和感には敏感になりましょう。

定期検診や眼鏡・コンタクトレンズのメンテナンス


眼病の発病や進行を防ぐためには、眼科での定期検診が有効です。
眼病は加齢による病気ではなく、最近では40代の白内障や10代の網膜剥離も見られます。
そのため、若いうちから年1回の検診を継続して眼病を予防していきましょう。
また、スマホゲームやリモートワークの増加により、視力低下から眼鏡やコンタクトレンズの利用者も増えています。
定期的に視力検査をし、

  • 視力と度数が合っているか
  • コンタクトレンズの使用期限内か
  • 眼鏡のサイズが合っているか

これらを確認し、自分の目に合わせることで、眼精疲労や更なる視力低下を防ぐことも可能です。

まとめ


予防医療は眼病に限らず、多くの生活習慣病の予防にもなり、心身の健康を保つ大切な行為です。
そして、一次予防や二次予防は日常的に行えることばかり。
日々の生活を見直し、改めるだけでも予防医療につながります。

  • 生活習慣の改善
  • 定期検診
  • 眼病への理解を深める

このような対策で、専門的な治療による負担や医療費を削減し、QOLの向上も可能なので、些細な対策を1つ意識してみてください。