子どもの視力は遺伝するの? 近視対策5選やおすすめアイテムも紹介

はじめに

この記事では、子どもの視力は遺伝が関係するのかについて解説していきます。
「両親とも眼鏡がないと日常生活に支障がでる」
「子どもに目の悪さが遺伝しないか心配」
「遺伝するとして…近視対策はないか知りたい」
このような悩みをお持ちの方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

実は、子どもの視力は遺伝も関係あるといわれています。
しかし、近視に関しては予防することも十分可能です!

今回は、以下の内容について紹介していきます。

  • 子どもの視力は遺伝するのか
  • 具体的な近視対策
  • 子どもの近視原因(番外編)
  • 近視対策におすすめなアイテム

「わたしの目が悪いから、子どもが近視になってしまう…。」
と落胆する必要はありませんよ!
この記事では、近視にならないための対策・アイテムについても紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

それでは、子どもの視力は遺伝するのかについて解説していきます。

■関連記事:視力低下の原因と対策5選を紹介 子どもの「見えづらい」のサインとは

子どもの視力は遺伝が関係するのか?近視対策も紹介

子どもの視力についてですが、残念ながら、遺伝するといわれています。
しかし、必ずしも目が悪くなるというわけではありません。
子どもが近視になる原因として、主なものは以下の2点です。

  • 遺伝によるもの
  • 環境によるもの

ひとつずつ解説していきます。
遺伝によるもの
近視についてですが、両親とも強度近視であった場合、子どもが近視になる確率は約5倍に。
さらに、片親が強度近視であった場合は、約2倍となります。

また、子どもが何歳で発症したかにより、遺伝の影響を受けているか否かを測ることができるのです。

  • 遺伝の影響が大きいかも・・・幼稚園児などの未就学児でも発症
  • 環境の影響が大きいかも・・・小学生、中学生、高校生などで発症

子どもの視力は遺伝すると言いましたが、現在では遺伝因子より環境因子のほうが影響があるといわれています。
環境によるもの
子どもの視力に影響するものとして、環境要因もあります。
環境によるものは、生活していく中で、どのような行動を取ったかで発生の確率が変わります。
主な環境要因は以下の2点です。

  • デジタル端末にふれる機会が多い
  • おうち時間の増加

デジタル端末にふれる機会が多い

近年では、子ども社会でもデジタル端末にふれる機会が多くなっていますよね。

  • 学校の授業(プログラミング活動)
  • 通信教育(タブレットの使用)
  • スマートフォンの普及
  • ゲーム、youtubeなど

社会の変遷に伴い、小学校の頃からパソコンを操作するのは当たり前の時代になりました。
「デジタル端末を避けた生活を」といってもむずかしいですよね。

ましてや、子ども達自身も、スマートフォン・youtube・ゲームなどは切っても切れない存在になっています。

おうち時間の増加

コロナ禍の影響で、大人も子どもも、お家で過ごす時間が多くなりました。
おうち時間の増加により、

  • 外遊びの減少
  • 遠くをみる時間の減少
  • デジタル端末の活用

といった状況が増えたご家庭も多いのではないでしょうか。

近くを見る作業が増えるために、疲れ目やドライアイ・近視といった症状を抱える人が増えつつあります。

具体的な近視対策

近視にならないためには具体的にどのような対策を取っていけば良いのでしょうか。

  • 外遊びの時間を増やす
  • 規則正しい生活
  • デジタル端末使用時は、ルールを守る
  • 目の疲労を蓄積しない生活
  • 定期的な目の検診を受ける

ひとつずつ解説していきます。

外遊びの時間を増やす

最近の研究で、1日2時間外遊びの時間を設けることが、近視対策には有効だということがわかってきました。
太陽光の中の「バイオレットライト」という光が、近視を抑制する働きがあるようです。
このバイオレットライトですが、窓を開けていれば、室内でも効果を得ることができます。
もちろん、屋外の日陰にいてもその恩恵は受けられます。
暑い日に、ずっと日陰にいなくても大丈夫ですよ!

規則正しい生活

中学生・高校生は、夜更かしするのがたのしい年頃でもありますよね。
ベッドに入ってから、スマホでメッセージのやりとり・ゲームなど、夜遅くまでやっているなんてことも。
恐らくですが…薄暗い中で、ゴロゴロしながら使用している子は多いのではないでしょうか。
疲れ目の原因にもなりますし、近視が進む可能性も高くなるので注意が必要です。

デジタル端末使用時は、ルールを守って

デジタル端末は、ただしい姿勢や時間を守って使用することをおすすめします。

  • 画面との適切な距離
  • 使用する時間
  • ただしい作業姿勢
  • 休憩する時間

などを家族で共有・協力してルールを守っていきましょう。

目の疲労を蓄積しない生活

近視対策のためには、目を疲れたままにしないということも大切です。
具体的にできる方法としては、

  • 目のマッサージ
  • 照明を明るいものにする

といった工夫ができます。

定期的な目の検診を

目の定期検診を受けることは、近視対策として一番重要なことです。
進行を抑えるためには、早期発見・治療が必要です。

就学前の子どもでは、1歳半健診・3歳児健診・就学前健診など定期的な健診が行われています。
普段生活する中で、少しでも変わった様子があれば相談もできます。
きちんとした検査を受け、治療や眼鏡での補正をすることが大切です。

子どもは近視が進みやすい?こんな原因もあります

ここでは、子どもの近視が進みやすい理由と、近視になる原因(番外編)を紹介していきます。

  • 子どもの近視が進みやすい理由
  • ストレスが原因で起こる近視

 それでは、ひとつずつ解説していきます。

子どもの近視が進みやすい理由

子どもの近視が進みやすい理由は、身体が発達段階であるという点からです。
子どもの身体は、大人と同じ機能を得るため、徐々に成長していくのですが、特に成長が著しいのは、産まれた瞬間~乳幼児期や思春期です。
この時期は、身体も発達していきますが、もちろん目も発達していきます。

近視に影響があるといわれている「眼軸の長さ」は成長とともに伸びていきます。
近視になりやすい環境に身を置くことで、そのままの長さを維持したまま成長し、その結果、近視がどんどん進行してしまうのです。
そして、近視を発症した時期が早ければ早いほど、将来強度近視となる確率が高くなります。

近視が進行しないためにも、早め早めの近視対策をしていかなければなりません。

ストレスで近視になることも

ストレスで視力低下する病気があるのをご存じですか?
もちろん、大人でも発症する可能性はありますが、特に子どもに多い病気のひとつでもあります。

  • 学校での環境の変化や人間関係
  • 家庭での環境の変化、親子関係
  • 習い事

など、子ども社会において、ストレスを抱えている可能性があります。

  • めがねを使用しても視力が改善しない
  • 視神経には問題がない
  • 特定の環境で視力の低下を訴える

といった症状が見られることも。

ストレスを取り除くことが第一ですが、まずは眼科などの専門的な機関を受診し、第三者に介入をしてもらうことも必要です。

近視抑制におすすめなアイテムは?

近視を抑制するために、おすすめなアイテムは以下の2点です。

  • HoldOn OLEDライト
  • Ai/Grasss

ひとつずつ紹介していきます。

勉強机には明るいライトを

勉強机にぜひ使用していただきたいのは、OLEDライトです。
OLEDライトは、従来のライトよりもブルーライトや紫外線の発生が少ないライトです。
明るさが充分確保できるのにも関わらず、ものに当たる光がやわらかく、まぶしさを感じにくいものとなっています。

HoldOn OLEDデスクライトはこちら

デジタル端末使用時にはブルーライトカット眼鏡を

子どもがスマホやタブレットを使用する際、ブルーライトの影響についても、心配になるところですよね。
ブルーライトカット眼鏡を検討中という方もいるのではないでしょうか?

ブルーライトカット眼鏡を装着することで、目へのダメージが軽減できる可能性は充分にあります。
もちろん、そのためには使用方法を適切に守ることも大切です。
また、ブルーライトカット眼鏡は、カット率40%前後のものが良いという報告があります。

おすすめするブルーライトカット眼鏡は、Ai/Grassesです。
おすすめポイントは、カット率が34.3%という点はもちろんですが、目に良い習慣をつけるための、さまざまな機能が内蔵されているという点です。

Ai/Grasses大人用はこちら

Ai/Grassesこども用はこちら

子どもの視力を守るのは、日々の心がけが必要です

今回は、子どもの視力は遺伝するのかについて解説していきました。
視力情報は、遺伝の場合もありますが、多くは環境によって進行します。

具体的な近視対策は以下の5点です。

  • 外遊びの時間を増やす
  • 規則正しい生活
  • デジタル端末使用時はルールを守る
  • 目の疲労を蓄積しない生活
  • 定期的な目の検診を受ける

近視を発症した時期が早いと、将来強度近視になってしまう可能性が高くなります。
子どもの視力を守っていくためにも、今回紹介した近視対策をぜひ試してみてください。