視力が求められる職業18選!目の健康を保ち未来の可能性を広げよう

視力が求められる職業18選!目の健康を保ち未来の可能性を広げよう

視力が求められる職業が、世間には沢山あります。

でも身体の特徴を理由に希望の仕事を断念するのは、悲しいですよね。

視力が求められる職業は?
子どもの将来の選択肢を広げるためにも、目の良さが大切な仕事を知りたい
視力をキープする方法は?

と思う方もいるのではないでしょうか?

今回は視力が求められる職業18選と、目が悪くならないコツをお伝えします。

本記事を読めば、下記が実現するかもしれません。

視力が必要な仕事の新たな発見
目の健康を保ち、あなたや子どもの未来の可能性が増幅

最後までお見逃しなく!

視力が求められる職業18選

視力は、次の2つに分類されます。

  • 裸眼視力:アイテムを使わず見える
  • 矯正視力:眼鏡やコンタクト等を利用し確認可能

仕事次第では、各々細かい規定があるのです。

視力が求められる職業18選をご紹介します。

視力が求められる職業18選①警察官

警察官は、犯罪から市民の安全を守るため奮闘します。

両眼に以下何れかの視力が求められる職業です。
参考:令和3年度警視庁採用サイト

裸眼:0.6以上
矯正:1.0以上

視力が求められる職業18選②刑務官

刑務官は、罪を犯した受刑者の生活を監督します。

裸眼視力が片目でも0.6に満たない場合、なれません。

しかし矯正し、両眼で1.0以上あれば問題ないです。
参考:2021年度国家公務員刑務官採用試験受験案内

視力が求められる職業18選③法務省専門職員

法務省専門職員は、下記3つに分類されます。

仕事内容例

  • 保護観察官
    非行少年や受刑者の社会復帰後の生活をサポートし、再犯防止に尽力
  • 矯正心理専門職
    非行少年や受刑者との面接や心理検査で犯罪動機を探り、更生に向けたプログラムを提案
  • 法務教官
    非行少年等へ矯正教育

保護観察官区分を除き、裸眼視力が両眼共0.6以上が求められます。

例外として矯正し双方の目で1.0以上になれば、大丈夫です。
参考:2022年度国家公務員法務省専門職員採用試験受験案内

視力が求められる職業18選④皇宮護衛官

皇宮護衛官は、皇宮の警備や皇族の護衛をします。

裸眼または矯正し両眼で0.8以上、左右の目は各々0.5以上の視力が求められる職業です。
参考:2021年度国家公務員皇官護衛官採用試験受験案内

視力が求められる職業18選⑤自衛官

自衛官は国の防衛と災害派遣、国際平和協力活動をします。

両方の裸眼視力が0.6以上、もしくは矯正した状態で0.8以上必要です。
参考:自衛官募集ホームページ

視力が求められる職業18選⑥消防士

消防士は消火活動や火事被害者の救助、 応急処置、搬送をします。

片目で各々0.3以上かつ両眼で0.7以上が求められる職業です。

裸眼に限定されず眼鏡やコンタクトを着用した矯正視力で基準を満たせば、
差し支えありません。
参考:東京消防庁ホームページ

視力が求められる職業18選⑦小型船舶操縦士

小型船舶操縦士免許は小型船を運転し、大型の船へ食料や物資を輸送したり、港内清掃ボートの操縦をしたりする仕事に有効です。

矯正視力を含み、両眼共0.5以上が求められます。

片目が0.5未満の際は、他の眼が0.5以上かつ視野左右150度以上が条件です。

夜間に船舶の灯火の色を識別できる点も、重要視されます。
参考:国土交通省ホームページ

視力が求められる職業18選⑧海技士

海技士は、大型船舶の乗務員が取得する必要があります。

以下の視力が求められる職業です。

矯正視力を含む必要な視力

  • 航海
    両眼共にに0.5以上
  • 機関
    両眼で0.4以上
  • 通信と電子通信
    両眼共に0.4以上

参考:国土交通省神戸運輸監理部

視力が求められる職業18選⑨海上保安官

海上保安官は船や航空機で海洋の治安を守り、
環境保全の活動をする職業です。

裸眼もしくは矯正視力が片目でも0.6に満たなければ、受験資格から外れます。
参考:2022年度国家公務員海上保安官採用試験受験案内

視力が求められる職業18選⑩宇宙飛行士

宇宙飛行士は地球を飛び出し、宇宙船の操縦や科学実験をします。

両眼共に、矯正視力が1.0以上必要です。
参考:2021年度宇宙飛行士候補者募集要項

視力が求められる職業18選⑪パイロット

パイロットは、飛行機を操縦する職業です。

裸眼指定はなく、各目の眼鏡とコンタクトにおける矯正視力が1.0以上あれば問題ありません。

しかし下記条件もあるため、注意が必要です。

各目の屈折度(光を屈折させる力)が-6.0~+2.0ジオプトリー(レンズの度の単位)内
オルソケラトロジー(角膜矯正による視力補正)を6か月以内に受けていない

参考:JALホームページ

視力が求められる職業18選⑫客室乗務員

客室乗務員は旅客機内で接客サービスをし、緊急時はお客様を誘導します。

裸眼もしくはコンタクトの矯正視力(眼鏡は不可)が、両眼共1.0以上必要な職業です。
参考:ANAホームページ

視力が求められる職業18選⑬電車運転手

電車運転手は矯正視力も含め、両眼で1.0以上かつ片目ずつで
各々0.7以上でなければなりません。

安全に目的地まで人を運ぶ仕事柄、正常な視機能と視野、色の見え方も求められます。
参考:日本民営鉄道協会ホームページ

視力が求められる職業18選⑭騎手

騎手は馬に乗り、操縦します。

矯正視力も含み両眼で0.8以上かつ、片目も各々0.5以上必要です。

ただし眼鏡はダメで、ソフトコンタクトレンズのみ目を良くする調整に使えます。参考:JRAホームページ

視力が求められる職業18選⑮競艇選手

競艇選手はボートレースに参加し、賞金を稼ぐスポーツ選手です。

両眼共に、裸眼視力0.8以上が求められます。

コンタクトやフェイキックIOL「有水晶体眼内レンズ」
(角膜より内側にレンズを入れる)手術を受けた方は、対象外です。

極端に色の判別が苦手ではない点も重要視されます。
参考:ボートレーサー養成所ホームページ

視力が求められる職業18選⑯オートレーサー

オートレーサーは、競走車で争います。

色の認識が正常で両眼共裸眼視力が0.6以上、
もしくは矯正で1.0以上が求められる職業です。
参考:広報AUTORACE

視力が求められる職業18選⑰アマチュアボクサー

アマチュアボクサーは、拳1つで戦います。

視力矯正手術を受けている場合は、実践競技前に専門医の診断書が必要です。

ソフトコンタクトレンズは良いですが、ハードタイプ等の着用は許可されていません。

両眼共に、次の何れかの視力が求められます。

  • 矯正:0.4以上
  • 裸眼:0.1以上

ソフトコンタクトレンズを装着し競技に挑む場合は、
選手手帳と健康申告書に記載し医師に伝える必要があります。
参考:日本ボクシング連盟競技規則

視力が求められる職業18選⑱番外編:車の免許

番外編で、車の免許に求められる視力もご紹介します。

就職時の募集要項で、必須の企業も多いからです。

例えば訪問看護師や、
商品を販売するためお客様の自宅へ向かう営業職等が挙げられます。

以下の表をご覧ください。

  • 原付免許、小型特殊免許
    両眼で0.5以上もしくは片目が見えない方は、他眼の視野が左右150度以上で
    視力0.5以上
  • 普通自動車第一種免許
    両眼で0.7以上かつ片目で各々0.3以上もしくは、0.3未満や一眼が見えない方は
    他眼の視野が左右150度以上で視力が0.7以上
  • 大型第一種免許、けん引、第二種
    両眼で0.8以上かつ各々の目が 0.5以上

参考:警視庁ホームページ

車の免許を取得できる視力のキープは、あらゆる職業に就く際役立つでしょう。

未来の可能性を広げるためには視力が大切

視力は、様々な職業で大事なことがわかりました。

仕事面だけではなく日常生活でも、良い方がストレスなく過ごせるでしょう。

日頃からできる目の健康対策として、次の3つがあります。

正しい姿勢でスマホやテレビ等との距離を取る
40分~1時間ごとに1回5分程度、目を休ませる
暗い場所で見ることは避ける

しかし夜も本を読み、テレビやスマホ、パソコンを使う場合もあるかもしれません。

遅くまで仕事や勉強を頑張るあなたや子どものために、
光をプラスし明るさを作るライトはいかがでしょうか?

一般的なLEDライトと比べブルーライトの発光が少なく、目の負担も軽減できます。

■眩しさと影のない光OLEDデスクライトはこちら

お助けアイテムも使いながら、目の健康を保ちましょう。

本記事であなたや子どもの未来の可能性が広がり、良い職業選択ができることを応援しています。