子どものめがねは、視力が低下する前にかけるべき?!「予防」が必要な5つの理由

小学生の約3割、中学生の5割以上が、視力1.0未満という現実

スマートフォンやPC、タブレットが身近になったことで「子どもの視力低下」が深刻な社会問題になろうとしています。文部科学省の調査では、小学校で約3割、中学校では5割以上の子どもの視力が1.0を下回るという結果が報告されています。教室の最前列に座っても黒板の文字が読めない「視力判定D」と診断される子どもも小学生の約1割、中学生の約3割にのぼり、小さいうちから視力低下を予防する必要性が高まっています。

出典:令和元年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)

子どものうちから「視力低下予防」が必要な、5つの理由とは?

視力は、一度低下してしまうとなかなか回復させることができません。視力が低下すると、子どもたちにはどんなリスクが発生するのか。「予防」が欠かせない、5つの理由をご紹介します。

理由1:職業選択のリスク

警察官、看護師、パイロット……。子どもが憧れる職業に就くためには一定の「視力規定」があるのをご存知ですか?視力低下によって、将来の職業選択の可能性を狭めてしまうリスクがあります。

理由2:病気のリスク

近視が進むと、人の眼球は楕円形に変形していきます。近視が進行すればするほど、眼球は目の奥へと伸長。伸びた眼球が、目の奥の大切な神経や組織を傷つけると、悪化が進んだ場合、失明してしまうこともあるのです。

出典:Children’s University Hospital (Ireland) の研究

理由3:お金のリスク

低下した視力は、めがねをかけたりコンタクトをつけたりすることで矯正できます。ただ、それにはレンズ代や通院日などのお金がかかるのも事実。子どもが成人するまでのあいだ、親は視力矯正のために、どのくらいの費用を払う必要があるのでしょうか。

(6歳からめがねを作成し、20歳までかかる費用を前提に概算/めがね1本10,000円〜20,000円、2年に一回交換を想定=計70,000円〜140,000円/定期検診は、年に1〜2回実施/初診料2,000円程度/一回の定期検診あたりの費用は約1,000円程度/14年間、年に1〜2回定期検診を受ける場合=14,000円〜28,000円)

(6歳からマンスリーコンタクトレンズを作成し、20歳までかかる費用を前提に概算/コンタクトレンズ1回分2,000円×12ヶ月×14年=336,000円/定期検診は、年に3回実施/初診料2,000円程度/一回の定期検診あたりの費用は約1,000円程度/14年間、年に3回定期検診を受ける場合=44,000円)
– 視力回復治療は、保健適用外の自由診療に
視力を回復する治療法も多数開発されていますが、手術や長期間にわたる治療が必要となります。このことからも、視力が低下してから対策をとるより、まず予防をすることが大切だということが分かります。

理由4:時間のリスク

めがねやコンタクトを使用するためには、定期的な眼科医院の受診が必要。コンタクトレンズを使う場合は、毎日のケアにも時間がかかります。めがねやコンタクトで視力を矯正するために、トータルでどれくらいの時間を費やすことになるかを知っておきましょう。


(6歳からめがねを作成し、20歳までかかる時間を想定して概算/定期検診は、年に1〜2回実施/一回の定期検診あたりの時間は、待ち時間を含めて約2時間程度/通院に1時間程度/14時間、年に1〜2回定期検診を受ける場合=36〜72時間/2年に1回めがねを交換するとして購入時にかかる時間が約2時間=14時間)

(6歳からコンタクトレンズを作成し、20歳までかかる時間を想定して概算/定期検診は、年に3回実施/一回の定期検診あたりの時間は約1時間程度/通院に1時間程度/14年間、年に3回固定期検診を受ける場合=84時間/コンタクトレンズを洗うなどのケアが1日10分と想定して365日×14年×10分=51,100分=約851時間)

理由5:勉強・スポーツへの支障

視力低下が、勉強やスポーツに影響を与えることも。視力が低い子どもは、黒板が見えにくいことで学習効率が低下したり、目が疲れやすいので長時間集中できなかったりする傾向にあります。

また、めがねをかけていると、サッカーや野球、マラソンなどのスポーツも全力で楽しむことができません。コンタクトであれば快適性は増しますが、子どものうちは適切なケアができないため、めがねを選択することも多いでしょう。このように、視力が低い子どもは、大きなハンディキャップを背負うことになるのです。

「Ai/Glasses」を活用して、子どもを近視リスクから守る。

「Ai/Glasses」は、「子どもの目と、将来を守りたい」という想いでつくられた、近視予防めがね。センサーが子どもの視環境を読み取り、アプリでデータを収集することで、近視の原因となる「近くの見過ぎ」を防ぎます。

距離や時間、姿勢の検知機能だけでなく、振動ブザーによるお知らせ機能がついているのが「Ai/Glasses」の特長。「めがねが震えたら休憩しようね」というルールさえつくっておけば、親がこまめに注意したり、自分が会社にいる間に、見えないところで子どもの近視リスクが増大してしまったりすることを防げます。「Ai/Glasses」を日常的にかけることで、子ども自身が「近づきすぎ」「見すぎ」に気を配るようになり、徐々に目にやさしい生活習慣が身についていくのです。
子どもの目と、その先にある未来を考えて開発された「Ai/Glasses」。このめがねを生活に取り入れることで、大切な子どもの将来の可能性を守っていきましょう。

監修

本部 千博さん
眼科・統合医療ほんべクリニック院長。日本ホリスティック医学協会顧問。1985年、岐阜大学医学部卒業。協立総合病院で研修後、内科医として勤務。1989年、岐阜大学医学部眼科学教室に入局。2005年、名古屋で「ほんべ眼科」を開業。2018年より医院名を「眼科・統合医療ほんべクリニック」に。「近視は治せる病気である」をモットーに、子どもの近視矯正に注力。親子教室の開催を通じて近視になりやすい行動や生活環境に警鐘を鳴らし、視力に関する情報を積極的に発信している。『眼科医が考案 1日3分あそぶだけ! 子どもの目がぐんぐんよくなるトレーニングゲーム』(PHP出版)など、著書多数。