視力低下は、遺伝のせいじゃない!? 原因は「生活習慣」にあるかもしれません

近視と遺伝の関連性はない、という研究結果も。

「子どもの視力低下は、遺伝だから仕方がない…」と諦めていませんか?確かに、眼科医のなかでも「近視は、遺伝によっておこる」という意見が一般的。でも、研究結果によると、子どもの近視の割合は、ここ数十年、徐々に高くなってきています。近視が遺伝によるものなら、どの世代でも近視の割合は同じなるはず。このことから、多くの近視の原因が遺伝ではないといえるのではないでしょうか。国立遺伝学研究所の井ノ上逸朗教授も、2017年の講演会にて「一般的な近視を説明する遺伝子は存在しない」と話されています。

「遺伝」が原因でないのなら、一体なにが子どもの視力低下に関わっているのでしょうか。

視力が低下する原因の多くは「生活習慣」にあった。

視力の低い子どもが増えたころから今に至るまで、子どもをとりまく「生活習慣」は、大きく変化しています。もともと目が良い子どもも、目に負担をかける生活を続けることで視力が低下してしまいます。
ここから、視力低下の原因となる生活習慣について、大きく2つ紹介していきます。

  1. 長時間、近くを見続ける
    長い時間、近くを見続けるということは、目のピントを合わせる筋肉に常に力が入っているということ。この状態では、目が疲れてしまい、近視になる可能性があります。また、姿勢の悪さが、近くを見続ける原因にもなるため注意してみてください。
    さらに、TVやゲームなどに加えて、子どもが新しいものに興味を持ったとき、近くを見る時間が急に延びることがあります。例えば、本を読むのが好きになった、カードゲームやレゴ、パズルなどに夢中になった、などが挙げられます。
  2. 暗いところで見る
    目の瞳孔は、暗いと開くようにできています。これは、目に入る光の量を調整するため。瞳孔が開くと、目の中の水晶体がゆるみます。近くをみるためには水晶体を縮めないといけないので、暗い場所では、ピントを合わせるための筋肉「毛様体筋」はいつも以上に力をつかうことに。毛様体筋は使いすぎると凝り固まってしまうため、暗い場所で見ていると目が疲れ、視力低下が起こってしまうのです。

視力低下を予防する生活習慣をつくろう!

このように、「見る」時間や、姿勢、部屋の明るさなどによっては、子どもの視力が低下してしまう可能性があることがわかりました。だけど、「生活習慣を変えるってどうすればいいの?」そんな悩みがきこえてきます。親であっても、子どもをずっと観察するのはむずかしいですよね。そんな親の代わりに、目に良い生活習慣をつくり、子どもの目を守るアイテムとして「Ai/Glasses」は開発されました。
「Ai/Glasses」には、「見る時間の長さ」「距離感」「部屋の暗さ」などを感知して、目に悪影響があるときは、振動ブザーで注意をうながす機能があります。これによって「いまは目によくないことをしているのかも」と、子ども自身で気づくことができます。
「Ai/Glasses」を活用して、視力低下の原因をへらして、目に良い生活習慣をつくっていきましょう。

監修

本部 千博さん
眼科・統合医療ほんべクリニック院長。日本ホリスティック医学協会顧問。1985年、岐阜大学医学部卒業。協立総合病院で研修後、内科医として勤務。1989年、岐阜大学医学部眼科学教室に入局。2005年、名古屋で「ほんべ眼科」を開業。2018年より医院名を「眼科・統合医療ほんべクリニック」に。「近視は治せる病気である」をモットーに、子どもの近視矯正に注力。親子教室の開催を通じて近視になりやすい行動や生活環境に警鐘を鳴らし、視力に関する情報を積極的に発信している。『眼科医が考案 1日3分あそぶだけ! 子どもの目がぐんぐんよくなるトレーニングゲーム』(PHP出版)など、著書多数。